17.09.29

TO THE MOUNTAIN AND BACK AGAIN!

どんなに寒い日を望んでいなくても、
もう太陽は夏らしくない光に変わって、
冬の気配がせまってくる。
大きな月の下、僕たちはスタイルの枠を超え、
アーバンな啓蒙思想と
現代的なパンクの感覚を一緒にして、
変わりゆく季節を肌に感じて歩く。

01
> Mason Bomber
10月下旬発売予定
03
1532101c12 1
1730108101 1
Russ Tee
Zam

真夜中までパンクが流れ続ける街、
その街を歩く自分を想像して。
着ている服は、透けていたり、
シルバーのディテールだったり。
パンクジップやヘビーウェイトポケット、
ローヘムとかも。
今年の冬は、アシッドウォッシュのパンツや、
強めのブルー、グリーンやベージュを
取り入れた強めのスタイルがポイント。
ダメージやブロークンデニムは、
すっきりとしたミニマムなシェープと
あわせると、より今年っぽいスタイルに。
月の光の中、冬の気配を感じながら、
次のスタイルへ自身を解き放とう。

04
1710114a72 1
1731134j22
James
> Blume Sweater
10月下旬発売予定
07
Mathis Regular Shirt
10
Mason Bomber